2 高機能分離流量計算設計と高耐久性素材
 現在中国国内で生産されているグリストラップのほとんどがステンレスで製造され劣化が早く、分離流量計算設計もされないまま作られているのが現状であります。さらにメンテナンスを考慮されない設計で、エンドユーザーは設置後の劣化、悪臭、害虫繁殖に悩まされている上グリストラップの効果がほとんど機能していない状況になっております。
匠有限公司では既に日本で最新の高機能分離流量計算設計図面を用意し、高耐久性FRPでの製造方法も確立しています。

FRP(Fiber Reinforced Plastics )とは

 プラスチックは軽量ではあるが、弾性率が低く構造用材料としては適していない。そこで、ガラス繊維のように弾性率の高い材料との複合材料として、軽量で強度の高い、つまり比強度の大きな材料として用いられる上、プラスチックと同様に腐食や酸化の心配がない素材です。
このFRPの繊維素材(Fiber)に改良を加えより強度が高い高耐久素材でグリストラップを製作します。

CULTURAL EXCHANGE
TECHNOLOGY
ADVANCE SUPPORT

TAKUMI-group CONG TY TNHH TOAN DAT

Thon2,xa Hoa Vinh,Huen Dong Hoa,Tinh Phu Yen



有限会社 KIRAKU

施設等の企画・デザイン・設計・施工

TAKUMI co.,ltd
 1-2-14, uehonmachinishi, chuo-ku, Osaka-city, 524-0062, japan
TEL : +81-6-6671-0707 / FAX : +81-6-6711-0802
TAKUMI-group PT.RANK-A INTERNATIONAL

BERITE NEGARA:No5/09 TAMBAHAN BERITA NEGARA : No1369
TANGGAL : 16-01-2009
TRADE

プロジェクトフロー


3 メンテナンス
 グリストラップのメンテナンスは重要であり、これを怠ると悪臭、害虫の繁殖だけでなくグリーストラップの機能もしなくなります。しかしメンテナンスには大変な作業を頻繁に行う必要性があり、ほったらかしにして悪臭や害虫繁殖の被害にあう事は珍しくありません。日本でも粗悪なメンテナンス商品が多く販売されているのはグリストラップのメンテナンスには多大な労力を必要とされるからです。

 私たちは日本の最新技術を用いたオゾン分解と溶剤を用いエマルジョン効果を併用した本物、いやそれ以上のものを遼寧工程技術大学との共同開発で作り上げることを実現間近と感じております。

TAKUMI Co.,Ltd

Takumi Group

本文へジャンプ


1 グリストラップの概要
 下水の配管のつまり防止や、水質汚染防止のため、日本では1971年から、レストランやホテル、食堂、給食センターなどの全ての業務用厨房から排出される汚水は、直接 公共の下水に排水するのではなく阻集器で浄化してから排出することが義務付けられています。  
この阻集器のことを一般的に『グリーストラップ』と呼んでいます。
すべての営業用調理施設には、油脂等分離する『グリーストラップ』の設置が義務付けとなっています。
近年中国でもグリーストラップの設置の義務化が進んでおりグリーストラップ普及、拡大は今がまさにその時であります。
日本のトップブランドの製品以上の高機能油脂等分離能力だけでなくメンテナンスをも簡易にした次世代グリーストラップを開発するべく、遼寧工程技術大学と匠有限公司が協力し開発していきたいと思っております。

 今現在、日本国内で流通しているトップの製品の図面、計算方法、製造方法の確立は、ほぼ準備は終了しており、同等レベルの製品を中国国内で生産することは容易と思われ、それ以上の高機能製品の開発も夢ではなくなっています。
大学側の販路と合わせて製造販売していけば中国国内のシェアを大きく獲得することが可能です。


遼寧工程技術大学と匠有限公司の協同開発
 日本のトップブランドの製品以上の高機能溶剤を開発するべく、中国国内の大学と匠有限公司が協力し開発していきたいと思っております。今現在、日本国内で流通しているトップの製品の原材料リストの作成や各種薬品の製造方法の確立は、ほぼ準備は終了しており、同等レベルの製品を中国国内で生産することは容易と思われ、それ以上の高機能製品の開発も夢ではなくなっています。 罗教授の販路と合わせて製造販売していけば中国国内のシェアを大きく獲得することが可能であると思われる次に示す4つの薬品を視野に入れ開発を進めていく事が可能です。


中国国内
次世代グリストラップの製造販売企画