ベトナム

  平均年齢が28歳程度で、人口の4割が未成年という非常に若い国であり、活気と勢いを感じさせます。ベトナム進出を考える企業にとってのポイントは4つあります。

1. 若年層が主役であり、低賃金の上、従順で豊富な労働力

2. 社会の安定性

3. 税制的優遇措置などが整備されている

4. インフラが整備されている

 

なんと言ってもその「人件費の安さ」です。

名古屋 (日本)    3,804米ドル

上海 (中国)       439米ドル

大連 (中国)       316米ドル

チンタオ(中国)      251米ドル

バンコク(タイ)       286米ドル

ホーミン(ベトナム)   130米ドル

ハノイ(ベトナム)     111米ドル


ダッカ(バングラディッシュ)、プノンペン(カンボジア)ヤンゴン(ミャンマー)等ベトナムより安い人件費の地域を探すことはいくらでも出来ますが、インフラ整備の悪さと技術力を考えるとリスクが大きくなります。

低賃金だけでなく「ベトナムの教育水準の高さ」「勤勉な国民性」「反日感情がない」などのメリットがあげられますので、生産地、工場としては打ってつけであります。




















































CULTURAL EXCHANGE
TECHNOLOGY
ADVANCE SUPPORT
TRADE

TAKUMI-group CONG TY TNHH TOAN DAT

Thon2,xa Hoa Vinh,Huen Dong Hoa,Tinh Phu Yen



有限会社 KIRAKU

施設等の企画・デザイン・設計・施工

TAKUMI co.,ltd
 1-2-14, uehonmachinishi, chuo-ku, Osaka-city, 524-0062, japan
TEL : +81-6-6671-0707 / FAX : +81-6-6711-0802
TAKUMI-group PT.RANK-A INTERNATIONAL

BERITE NEGARA:No5/09 TAMBAHAN BERITA NEGARA : No1369
TANGGAL : 16-01-2009

TAKUMI Co.,Ltd

Takumi Group

本文へジャンプ

チャイナプラスワン

 尖閣諸島問題の後、チャイナプラスワン 脱中国  チャイナリスクなどの言葉を頻繁に耳にするようになって来ましたが、他国に生産拠点を移すには簡単ではございません。言葉の問題、人脈、時間、労力等、様々な障壁を乗り越えなくてはなりません。しかし我が社と提携していただければ、国内で取引先を1社増やす感覚でチャイナプラスワンを実現いたします。小ロットからの生産にも対応していますので、小規模事業者様でもチャイナプラスワンを可能に致します。


 チャイナプラスワンのメリットとして日中両国の摩擦が過熱化し、反日感情が増す中、さらに中国の労働コスト上昇により生産拠点を中国だけにした場合、価格面、品質面、納期面での競争力が低下してしまう恐れを回避できます。それがなくとも今の日本は軒並み中国での生産にこだわり横一線とで競争力がなくなっているのではないでしょうか?日本の大企業の多くは、リスク回避と新しい競争力を求め中国から撤退し、生産業務をベトナム、インドネシア、タイやミャンマーなどの東南アジア諸国を生産拠点に選んでいるように先進企業は既に中国以外に目を向けています。リスクを大きく抱えることなくチャイナプラスワンを試してみてはいかがでしょうか?



東南アジアへの企業進出 チャイナプラスワン




もしベトナムで自社工場をと言った企業様も当社を足がかりにしていただいてはいかがでしょうか。


お気軽にご連絡ください0120-580-490